腫瘍について

- comments(0) - tamavet

本日は腫瘍についてのお話です。

腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍(いわゆる癌)に分けられます。

良性腫瘍は命に関わることは少なく、部位や大きさによっては治療が必要になる場合もあります。

悪性腫瘍(癌)は命を脅かす恐ろしいものです。治療の方法は様々ですが、手術や抗がん剤治療などがあります。

また、副作用が抗がん剤ほど大きくない分子標的薬というお薬も腫瘍の種類によっては使用できる場合があります。

その他、補助的にサプリメント類を使用します。

 

呼吸が苦しいという主訴で来院された猫ちゃん。レントゲンで前胸部が真っ白になっている(赤丸の部分)。胸水が貯留しており、リンパ腫であった症例。

 

抗がん剤治療後のレントゲン。白かった部分がきれいになっている。この猫ちゃんは1年間抗がん剤治療を実施し、その後1年間再発は見られていない。

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM