猫ちゃんの難治性歯肉炎、口内炎

comments(0) - tamavet

食事中に口を痛そうにする、涎(よだれ)が出るなどの症状が特徴です。

比較的多い病気で、若齢の猫でもみられることがあります。消炎剤などのお薬で一時的に治まることが多いのですが、

根治を目的に抜歯をすることもあり、抜歯して痛みから解放された猫ちゃんもおります。

抜歯といっても簡単に抜けるわけではなく、少し歯の周りの骨を削りきちんと根元から取ってしまうことで痛みがなくなります。

歯肉炎、口内炎の口内。見るからに痛そうですね。

 

マイクロモーターで歯槽骨を削り、

臼歯は分割します。頼れる機械です。

無料ブログ作成サービス JUGEM